スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動靴

  • 2006/08/30(水) 21:43:33

運動靴を買いに、息子と久々のデート。

『お母さんの買い物は時間が掛かってイヤ!』と、

スーパーでさえついてこないのに、さすがに自分の物となると

ホイホイついて来る要領の良い我が息子・・・。

ランチもつけたから当然!?かな・・・(笑)。

靴の売場に到着すると、いつものメーカーのをさっさと試し履き。

数あるブランドの中でも何故かいつも『ダンロップ』。

アディダスやアシックスやナイキやら、安売りの店にしては種類も

豊富なのに他には目もくれない・・・。

メーカーごとに幅が細めだったり、当る所があったりするので

この『ダンロップ』の靴が一番足にあった物なのだろう・・・。

『将来はF1マシーンにでもなって、ダンロップタイヤでも履くに

違いない・・・』と大笑い!。

それにしても、サイズが27センチとは恐れ入った・・・。

それも『EEEE』だって、何と読むのだろうか?。

うちの男共は親子揃って足の形が瓜二つ、甲高盤広脂足。

でっかいコッペパンみたいな格好をしてて、違いは多少毛深いか

どうかの違いだけ。ダンナなどは未だにスキー靴を買う時に

特に苦労してるみたい。デザインがどうとか値段がどうとか

言ってる場合じゃないようで、とにかく履けるのを買うだけ。

幸いなことに、二人とも見た目を気にするタイプではないので

どうにかなってるけど・・・。

私の足は24.5センチで、今でこそ良くあるサイズだが

昔は『足がでっかい』というコンプレックスがあった。

靴のデザインも可愛いのは多くないし、種類も余りないし。

『22.5がゆるくて・・・』とか『23センチなの・・・』

などというのを耳にすると『ごめんね~足がでかくて!』と

内心思ったものだ。でも、考えてみれば縦横にでかいのだから

当然といえば当然のことなんだけど・・・。

和田アキ子や深きょんの足が大きいのがせめてもの慰め・・・。

ところが、最近は家族で一番足が小さくなったのがうれしい!。

と言うか、息子の足が大きくなっただけなのだけど・・・。

子供の頃から他人より体格が良かったので、『でかい』と言われる

事はあっても『小さい』といわれた事がない・・・。

身長も息子に抜かれたので、これでも一番チビ!。一つ心配なのは

ダンナの身長が最近縮んできたような・・・。

チビの座がアブナイ!!。




スポンサーサイト

落花生

  • 2006/08/28(月) 20:07:56

家の近くには、玉子の自動販売機と採りたての野菜を売る

農家があって、時々そこをのぞいてみるのがお気に入り・・・。

その時期に出来る野菜を安価で置いていて、きゅうりの塩漬けや

たくわんなどもたま~に置いてあったりして、田舎生まれの私には

うれしくてたまらない場所でもある・・・。

今日もなにげに立ち寄ってみると発見!『生の落花生!!!』。

すかさず塩茹でにしました。



PA0_0000.jpg

コレを初めて食べたのは、千葉県の保田の民宿だったなぁ。

見た目は普通の殻つき落花生なのに、手にした瞬間『柔らか~い』。

口に入れると『茹でた豆』?。初めて食べる食感と味(塩味)に

そりゃもうビックリ!!。すっかり大好物にランキング。

ここ神奈川県でも、落花生の栽培は盛んな地区があるようで

そのせいかここらでも昔から普通に作られているらしい・・・。

スーパーでは生で売られてるのを見かけたことがないけど、

直売所では時期になると売ってることがあり、見たらもう買わずには

いられない・・・。そんな訳で今日もどっさり買い込んで、

たっぷりの塩で茹でたのを、手をじゅるじゅるにしながら皮を剥いて

堪能しました。晩酌が進むの何の・・・(笑)。

最近気が付いたのだが、冷凍保存した物を解凍しても余り風味が

変わらないらしい。しかし、実のところ食べるのに忙しくて

冷凍保存に回らないのが悩みのタネ・・・。

パートです

  • 2006/08/27(日) 13:43:07

現在、毎日4時間のパート稼業に励んでいます。

『主婦だからパート、学生(未婚)だからアルバイト』と、単に

呼び方が違うだけだろう・・・などと勝手な理屈と思い込みで

『パート』で応募したのが大間違い!。

一通り社員と同じ事を出来る(やらされる?)様に教育させられ

それなりの責任も持たされるし、

『こんな事パートのおばちゃまがやる事?』って事も多々あって

最初から戸惑うことばかり・・・今もそうだけど。

私の中では『パートとアルバイトは同等』という定義があって、

社員に指示された事だけを確実にこなすのが仕事だと思ってたのに

この会社では『パートと社員がほぼ同等』みたいな感じが・・。

だから社員並みにバイトさんの質問を受けたり、指示を出して

作業をして貰ったり。若干立場が上の様な・・・?。

気になってある人に聞くと『(ここのパートは)社員と同じ仕事を

パートタイムで働く事』だって。言われてみればそうなんだけど

世間知らずだったんだなぁ・・と初めて気が付いた。

棚卸しや突発的な作業で、ときたま遅くまで仕事をしていると

仲良しのバイトさんに『パートさんって大変だね~!

パートじゃなくってホントによかったぁ!』と憐れみの目を

向けられ、実はアルバイトの人達の方が一枚上手なのだろうと

思い知らされる・・・。

今更ながら、どうしてあの時『バイトで!』と言わなかったのかと

悔やまれてならない・・・(笑)。

勿論悪いことばかりでもなく、健康診断もあるしささやかな賞与

もあれば社員旅行だってある。それなりに恵まれてる分だけ

苦労もあって然るべき・・・かな?。











海水浴!?

  • 2006/08/24(木) 22:17:04

夏休みになって、初めて家族揃ってのお出かけで海に行きました。

旦那様は『用事がありまして・・・』などと適当な言い訳をして

会社で休みを貰い、私の休暇にあわせて海水浴。

真鶴の吉浜海岸でのんびりしてきました・・・。

ここは、有料道路の下で日陰もある海水浴場なので

とても涼しくて、小さな子供連れでも快適に過ごせる所。

平日だったので、空いていました。家からも近いので早めに着いた

のも良かったみたい・・・。

海水浴場なので、サーフィンのショートボードやロングボードは

営業時間中は禁止でボディボードはOK。

きっと『でっかいビート板』扱いなのだろう・・・。

私は久々の海で、日焼けが怖くて日陰でお留守番。

男二人は『待ってました!』とばかりに出動・・・。

『サーファーの彼女』気分を味わいましたよ、私も。

ところが、若いサーファーは面白くて面白くて仕方ない様子。

休憩も取らず海に入りっぱなし・・・。年寄りサーファーは

心配だしなるべく一緒に居ようと、近くでボードに乗ってるものの

寄る年波に勝てないのか、休みつつ遊びたい・・・。

結果、各自のペースで思い思いの海水浴・・・。

私は、時折吹く涼しい風を受けながら昼間からビールを飲み

昼寝などしながら待ってましたが、ダンナ言わく『ソレは

海水浴じゃな~い!』とのたまっておりました(笑)。

帰りのコースは箱根ターンパイクにしたのが失敗!。

激しい雨が降り出して、ワイパー全開!。眼下に見える筈の海は

雲海の中・・・。富士山も見えるはずもなく、ここはどこ?状態。

小田原厚木に乗ってもものすごい水煙で『スーパーレインタイヤに

しとけば良かった』などと、わけの分からない会話でもちきり。

でも、スズヒロ(かまぼこの・・・)のお土産コーナーにある

1枚\100の特価のアジの開きを買って帰れたのがラッキー。

これ目当てで、土砂降りの中寄ったのです!。

お手頃価格というのもあると思うのですが、見かけたらトイレを

我慢しても売場に並ばないと買えないのです。今回も見る間に

無くなって行き、焦ってゲットしました。内心『私はコレの

美味しさを知ってるから、わざわざ寄ったんだぞ~!。値段で

買うんじゃない!!』と叫んでました・・・。

それにしても、ここまで気に入った食べ物は私的には珍しい。

やっぱりコレは海水浴じゃなくて、お買い物ツアーだったのかな?。





アジの開き

  • 2006/08/21(月) 21:07:51

10年前、真鶴にある岩海岸に海水浴に行った帰りに

地元の人が普段の買い物に行くような、ごくフツーの魚屋さんで

アジの開きを買ったことがあった。

店の親父さんは、高校野球の観戦中で『今忙しいんだよ~!』

って感じで商売っ気の全くなさそうな様子・・・。

店も観光客相手っていう気配は微塵もなくて、品数も多くない。

『正直、何でこんなやる気のなさそうな親父の店に

来ちゃったんだろう・・?』って思った。

値段は安いけど、見た目はかなり小ぶりで正直『失敗かな?』と

思ったりしたけど、帰宅して焼いてみたら美味い!・・・。

『おやじゴメンね~!』って感じ・・・。そういえば、店の横に

開いたアジが並べてあった。きっと、自分のところで開いてから

天日干しして作ったものだろう。『観光客相手・・』なんていう

邪念がないのが美味しさの秘訣かもしれない。

大きくて見栄えの良い魚は、乾燥機で人工的に干したりして

『お土産でございますぅ~!』って顔で売られてるけど、地元では

余った小ぶりの魚を加工して食べているのだろうか・・・。

きっと自分が美味しいと感じる塩加減で塩をした後、ただお日様に

当てるだけで出来る・・海辺で暮らす人にしたらごく当たり前の

作業なのだろう。

スーパーでもよくアジの開きは買うけれど、値段はともかく

かなり塩辛かったり、乾燥し過ぎで干からびてたりで

『いい塩梅(塩加減)でジューシー』なのにはなかなか

出会えない・・・。

海辺の『お土産やさん』で買っても大当たりするとは限らない。

ない知恵を絞り考えた結果、やっぱり『海の近く(海辺)』の

魚屋さんで『100円くらい』の『小ぶりなアジ』の開きが

美味しんじゃなかろうか?・・・と気が付いた。

そういえば、農家では野菜も出荷用と自家用は分けてるって

いうし地元の人は美味しいものを食べてるに違いない・・・。

蛇足になるけど、かなり昔アジの開きを作った事があって

(素人なので)自分でさばいたので見た目はボロボロだし、

味付けも見よう見まねで適当に塩をあてて作ったアジの開きが

それなりに美味しかった事があった。

ちゃんと天日に干したせいなのかなぁ?。

『お日様ばんざぁ~い!』なのかな。

もしかしたら、さばいて貰って買ってきたアジを

自分で味付けして天日に干したら、ヘンな『アジの開き』よりも

美味しく出来たりするのだろうか?。

一度挑戦してみよう・・・。結果は報告します!!!。




サーファー!?

  • 2006/08/20(日) 19:45:35

我が家には、年寄りのサーファーと若いサーファーがいるらしい。

年寄りの方は、日本でサーフィンが始まった頃からやってるそう。

本人の引退宣言がないので、いまだに現役って事なのだろう・・。

『約40年のキャリア』ってことになるけど、後半の20年間の

奴の様子を見てると、少し怪しい・・・。

これでも『サーファーの彼女』みたく、夏場は海に連れてって

もらって海辺で『彼氏』を待ってる・・・なんてやってたのよ。

最初は『どこだろう?』なんて一生懸命見てるけど、

いつまでたっても板に立つ気配もないし、終いには飽きて

『暑いんだけどぉ~!』と雑誌なんか読んでる・・・。

しばらくして『やぁ!』なんて爽やかに戻ってくるけど、

その勇姿は未だもって見た事がな~い!!。

『自称サーファー』というか『幻のサーファー』という感じ。

主にショートボードの奴は、今ロングボード狙いらしい・・。

彼女なら『素敵~!』でも、妻として『どこに置くんじゃ!』だね。

『サーファーの彼女』としては、二度程挑戦した事があるけど

どちらも悲惨・・・。一度目は茨城の波崎で、離岸流に流されて

彼氏の足につかまって救助されるのを、堤防で見てた

工事のおじちゃん達に笑われた事。確かに金槌です・・私は。

二度目は、千葉の飯岡でいきなり滝のような雨が降ってきた・・。

雨の中、きっと『神様が辞めなさい!』と言ってるに違いないと

断念したワよ・・・私のサーファーへの道は。

最近では『ボディーボード』という名の、でっかいビート板で

遊ぶ事はもあるけど、ソレにかぶれた息子はサーフィンにも興味を

持ったみたい・・・。一生懸命に働く母を置き去りにして、二人で

伊豆まで遊びに行って来たらしい・・・。

赤鬼のような男二人を見てると、『留守番の方がシアワセ?』って

思ったりもするけど・・・。

若いサーファーは壊れたボードを『新しいボードに買い換える!』

と、息巻いていた・・・。

『オイ息子!お前は将来何に成るんじゃい?』と心の中で叫ぶ

ぶぅみんなのである・・・。

甘い麦茶

  • 2006/08/18(金) 21:18:02

食べ物・・・じゃなくて『飲み物』の話。

麦茶といえば『夏の定番』。

一度煮出してから冷やす『正統派』から、私のような『水出しの

パックを入れてそのまま冷蔵庫へ派』とさまざまな流儀?もあるけど

夏の冷蔵庫には欠かせないよネ?・・・。

子供の頃におばあちゃんが作ってくれたのは『砂糖入り麦茶』。

暑い時期、冷たくて甘くてすご~く美味しかった!。

それが当たり前だと思ってたから、随分と大きくなって

他所で出される麦茶が『甘くない麦の煮汁だ!』と真剣に思った。

今では、甘くないのが普通だと思ってるけど・・・。

以前、一度息子に砂糖入りを飲ませたら『まずい!』ですと。

息子よ『母の思い出の味なんですけど~!!!!』。

沸騰したヤカンに麦の粒と砂糖を入れてそのまま置いておき

粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やす・・。そんな簡単な手順でも

いざやってみると、おばあちゃんのような味は出ない・・・。

エアコンもなく、ほんとに暑い時は扇風機の熱風を浴びながら

昼間開け放たれて侵入した大量のヤブカと戦いつつ、寝苦しい

夜を過ごしたものだ・・・。それが当たり前の暮らしで、アレは

祖母流の『孫サービス』だったのかなぁ?。別に甘いものがナイ

時代でもなかったんだけど・・・。

今でも、麦茶を作るたびに『甘い麦茶』を思い出す・・・。

冷蔵庫にはいつでも『水出し麦茶』が常備してあるけど、

ただ砂糖を溶かしてもアレにはならないんだろうなぁ。

暑い台所は苦手なので、もう少し涼しくなったら作ろうかな?。

でも、暑いときに飲むのが美味しんだよなぁ・・・。

誰か作ってくれないかなぁ・・・。

前のうち

  • 2006/08/16(水) 19:43:01

前のうち・・前んちともいうけど『自分の家の前のうち』という事。

私の定義では『家の中に居て、南を向いた時に前にある家の事』。

たとえ塀や柵で行き来が出来なくても、地図上で自宅の南にある

家は『前んち』。ちなみに、実家にいる妹に聞いても同じ答え。

しか~し!ダンナに言わせると、玄関が向かった先の家が『前んち』

らしい・・・。南玄関の家は理想的だけど、立地の関係や造成の都合

でこの辺ではなかなか難しいもの・・・。

我が家も御多分にもれず、北玄関の造り。よってダンナ説で言うと

北側の家が『前んち』。私的にいうと『裏んち』になる・・・。

私の田舎流で言うと、南側の家は『前んち』で北側は『裏んち』。

東側と西側は『東(西)んち』だったり『隣んち』だったり。

以前『前んちのおじさんに柚子を貰っちゃった!』と

ダンナに報告したら『どこのうちの話だ~?』という訳で、

何やらお互いに違う家をイメージしながらの会話だという事が

判明した訳だ・・・。

言い訳をすると、関東平野の北の方でそこそこ開けた田舎にある

実家周辺では昔からの農家の人達が先祖代々の土地を守りながら

暮らしていて、当然南側に障害物などない広々とした土地に

縁側とかのある東西に長い立派な家に住んでいるのが

当たり前の場所。

実家は専業農家ではなかったので、かわいいサイズの敷地だが

それでも何とか頑張って南側に玄関を造り、縁側なんかも造った

りしたものだ・・・。そして何より、生まれた時から『前んちの

○○さんが』とか『隣んちで貰った○○・・』などという会話で、

当然の事のようにそう思って暮らしてきた・・・。

ダンナは一戸建ての都営住宅や団地住まいで、私とは異なる生活

をしてきてるからそう言う基準なのかもしれないけど・・・。

『前んち』がどこの家でも、結局はどこの家の事を言ってるのか

家庭内では統一した方が家庭円満の秘訣かも・・・?。

近頃では、『○○さんちで××した・・・』と、もっぱら苗字で

会話してるぶぅみん家である・・・(笑)。

電車に乗ったの~!

  • 2006/08/15(火) 21:37:49

一度は行ってみたかった、町田の『クランベリーモール』に

行って来ました。

初めて行く所や駐車場が分からない場所には、間違っても自分の

車では行きません・・・。ダンナを騙して運転手をさせたり

電車やバスを利用して、一度下見をしてから車で出掛けたり・・。

そこで、今日も相模大野の市営駐車場にマイカーを止めて

小田急線と田園都市線を乗り継ぐという、なんともカッコの悪い

アプローチ・・・。

『16号線を真っ直ぐ』という事は知ってました。

『多分アノ辺を曲がる・・』というのも知ってました。

でも『もしも間違ったらどうしよう?迷子になったら帰れないゾ』

ダンナも『横浜インターが近いし、今日は混んでると思うから

車はやめたら・・』という事でそうなりました。

久しぶりに電車に乗って、またまた昔を思い出しました。

高校時代チョロッと電車通学をしておりましたが、単線でしかも

昼間は一時間に一本しか走ってない。乗り継ぎのある友人など

それに乗れないと大変な事になる!と、信じられないスピードで

駅に向かって走り抜けて行ったものでした。

しか~し、この地に暮らしてみると10分や15分で

どんどん電車が来るではないか。時間など気にする必要がな~い!。

ここではこんなの当たり前の話だけど、この地に住んで10数年

経った今でも、電車に乗るたび『田舎に住んでる友人たちよ!

電車は時間を気にせずに、来たのに乗ればイイんだゾ~!!』と

内心叫んでる・・・バスもそうだけど。

そして周りの人に『おのぼりさんだ!』とバレないように

自分の中でカッコを付けてたりする・・・誰も気にしてないのに。

根っからの田舎もんらしいなぁ・・私は。

ダンナに言わせれば、まだこのへんは田舎らしいけど

私に言わせれば、全然『都会』。

そう言えば、結婚したばかり」の頃に『2階建て以上の

大型小売店舗はデパートである!!』と力説したら

『定価で売るのがデパート』とダンナに笑われた事がある。

だって『平屋建てがスーパー』だと思ってたんだもん・・・。

私の『町』にはデパートがなかったんだもん!。

デパートに行っても『デパートにいるゾ!』と思ってるなぁ・・・。

いつになったら『なにげなく』『普通に』『無意識に』生活出来る

のだろう・・・?。

雷キラ~イ!

  • 2006/08/13(日) 19:20:22

昨日の雷は凄かったみたいですなぁ・・・。

うちのあたりはまあまあの具合だったけど、都内はJRが大変な事に。

でも、どんなに小さな雷でも絶対に外になんて出られない・・・。

あの光がダメ、音もダメ。家の中に居ても窓なんか絶対に

開けられないし、トイレも休み。たぶん子供の頃のトラウマ。

父親が『酒を呑むと暴れる』タイプ。私も子供にしては頑固で

それが悪いのかしつけだと思ったのか、今思えば虐待に近い事も

あったような気がする・・。

恥ずかしながら、何度かパンツ一丁で

庭に出されてムシロの上で正座させられたのが忘れられない。

ぶったり蹴ったりはあんまり覚えて無いけど

冬の寒い中、外便所の掃除をさせられてしもやけができたり

今考えると『アレってしつけかなぁ?』と首をかしげる事も。

思うに、そんな時分のある時に雷の中閉め出されたのが原因に

違いない・・・。催眠療法とかで一度調べて貰いたいものだ。

それに、子供の頃から背が高かったから何となく自分に落ちてきそう

な気がして、すご~くこわい!。更に、群馬名物『上毛かるた』にも

『雷と空っ風義理人情』とうたわれる程、夏は毎日のようにゴロゴロ。

だから、この地で暮らし始めて年に数回しか雷が鳴らないのが

すご~く嬉しかったのにぃ~!!!。

異常気象のせいなのか分からないけど、以前よりゴロゴロする様な。

『遠くのくわばら!遠くのくわばら!』

幸いな事に、私の異常な程の『雷ギライ』に家族は理解があるので

布団を被って寝ていても、御飯の仕度が遅れても

雷が終わるまで待ってくれるのがありがたい!。

時々『窓を開けた方が気持ちいいよぅ!』と意地悪をされても

やりかえせない『へなちょこモード』の雷タイムです。




健康番組

  • 2006/08/10(木) 21:30:49

『身体に良い・・・』とか『ダイエットの・・・』なんていう

タイトルの付いた番組は、なぜか良く目に留まります。

体操で何とかなる系の番組は、根性のない私には『参考まで・・』で

おしまい。食べ物系の方は『食いしん坊』の血が騒ぎます。

近頃は、スーパーでも翌日には『TVで紹介された○○』とか

目立つPOPで売場を作って、販売戦略に取り入れてるみたい。

特にダイエット関係の新たな食材が取り上げられると

売場は品切れ状態・・・。『みんな観てるんだ~!』と気にしつつ

知らん振りしながら通りすぎたりして・・・。

実はそんな私も内心穏やかではなかったりするのだ。

大柄で太めの我が肉体を、どうにか人並みにしたい・・・と

日々考えながらも『軟弱な根性のせいでココまで来た』と自己分析

したりして。ダイエットを成功させるにはどうすれば良いか

実はとうの昔に分かっているのに、ダイエット食材に頼りた~い!

健康でいた~い!と、セッセと番組を見ているのだ・・・。

身体に良い食べ物は一通り食べてみたが、3~4日で飽きるので

今だに続いているのは納豆だけである・・・。

こんな私にもプライドというか妙な意地があって

テレビで観たすぐ後には、どんなにソレが欲しくても決してすぐに

買わない・・・と決めてるのだ。踊らされてることを否定したい!

という思い。買おうと思った時点で十分踊らされてるのだが・・・。

そんなヘリクツのお陰で『白いんげん事件』はまぬがれた・・・。

ものすごく効果がありそうな物言いで、久々にそそられたのを

買わずに我慢してたら、大問題になって・・・。

『みんな大変な目に遭ったね~!』とつぶやきながらも、まだ少し

興味があったりするのだ・・・。



この時期になると・・・

  • 2006/08/09(水) 21:14:31

毎年、この時期になると『怪奇・・・』とか『心霊・・・』など

いかにも『おばけ』的なテレビ番組が見受けられます。

コレ意外と好きなジャンルで、これまた欠かさず見ています。

私自身、霊感とかは全くないみたい。

近親者にそんな人もいないようで、何事もなく日々平穏に暮らして

います・・・。

しか~し!思い起こせば20年位前に、不思議な事があったような。

夜中12時過ぎ、彼氏(いまのダンナ)の家から自宅へ帰る途中の事。

多分『スキーに行こうか!』なんて時期で、寒い冬の真夜中・・・。

街中を抜けて、田んぼなどのある道を車で走っていると

やがて集落の民家のある付近を通過。ここは毎日の通勤コースで

多少道幅が狭くて、気をつけて通過するところ・・・くらいの

何気ない十字路。

フッと左側のバックミラーを見ると、大きな笠を被り黒い袈裟を

着た、テレビとかでよく見る『托鉢姿のお坊さん』が歩いてる。

お坊さんだって、用事があれば夜中に外出するだろうし

もしかすると夜中の修行だってあるのかも知れないし・・・。

気にはなったものの、わざわざ引き返すのも変だし怖い気もするし

どう見ても『見慣れない服装の人が夜中に歩いてるだけ』の事を

勝手に不思議がっている気もするんだけど、分からないから

今だに気になって・・・。霊的なものかなぁ?。

逆の立場で考えると、私のような霊感の全くない人には

アノ世からどんなに大切なメッセージを送っても、知らんぷりで

全く気がつかなくて『あ~ぁ!せっかく良いこと教えてるのに~』

と、ご先祖様をはがゆく思わせてるんだろうなぁ~?。

かと言って、いきなり出て来られても・・・。

『今から出るので、驚かないでねぇ~!』とお知らせを頂いてから

にして下さい!。


すきだなぁ・・・時代劇

  • 2006/08/08(火) 22:03:31

子供の頃から今の今まで、テレビがないと生きて行けない程の

テレビ大好き人間です・・・私。

だから、ドラマの中でテレビが点いていない団欒シーンを見ると

『なんでこの人達は平気なんだろう?』と不思議・・・。

去年から、我が家もケーブルテレビに加入したので、前にも増して

テレビ三昧。

海外ドラマ大好きで(二ヶ国語)で、白色人種系(アメリカとかの)が

お気に入り。韓流ドラマは『チャングムの誓い』以外は見ない。

だって、見た目はどう見ても日本人なのに吹き替えなのが許せない。

かなり勝手な理由だけどネ。

以前から『暴れん坊将軍』は、暇がある時は良く見てた。

松平健の立ち回りが特に上手いのかどうか分からないけど

他の時代劇を見ると、主人公の動きがどうもぎこちなく見えるんだ

よね・・・。お殿様キャラだから、お上品なのかなぁ?。

決して『マツケンファン』ではないのですが、あの殺陣はすごい!。

それから池波正太郎物の『剣客商売』と『鬼平犯科帖』がお気に入り

どちらも、昔は別の俳優さんでの作品があったみたいだけど

最近バージョンが好きだなぁ~。

藤田まことの『剣客』は、『必殺仕置き人』の中村主税ばりの

一見ボーっとしてるオヤジが実は剣の達人・・・てのが良い!。

江戸時代の庶民の生活もオモシロイ。

『鬼平』は中村吉衛門がカッコいいのだ。艶っぽいという感じ。

この主人公も、おおらかで穏やかな人柄なのにいざとなると

『鬼』になるというキャラクター。どちらも安心して見てられる

安定感があるのは、主人公の魅力なのかなぁ・・・?。

でも、作者が同じせいか町並みや時代背景というかが、どこか似て

いるような気もして・・・。

ある日江戸の町中で、鬼平と秋山小平(剣客の)がバッタリ遭ったり

する場面が出て来ないかなぁと空想しつつ、今日も再放送の番組を

見るのであった。

あの長寿番組の水戸黄門は、もう少し先になったら鑑賞することに

している・・・。これでも時代劇大好きと言えるのだろうか?。

みょうがの話

  • 2006/08/07(月) 20:51:46

うちの庭には、いつの頃からか(実は忘れただけ)『みょうが』の

プランターがあります。数年前に実家から貰い受けたもの・・・。

祖母が言うには『毎年、植えた時期に成るんだよ』との事。

凝った料理は出来ないので、ただ切って味噌を付けて食べたり

お豆腐の薬味だったり・・・。麺の薬味にするのも好きだなぁ。

祖母は、夏でも良くほうとうを作ってくれたけど

夏はコレにタップリの『みょうが』を入れてくれたものだ。

薬味ではなくて具なので、煮えてたけど・・・。

これがまた美味しくて、夏の思い出の味。

甲州名物のほうとうは味噌味&かぼちゃがお約束だけど

群馬(実家)のほうとうは醤油味。野菜は特に指定はなかったなぁ。

でも、季節の野菜はいつでもたっぷり!。

『ほうとう=醤油味』にこだわりのある私は、生まれてまだ一度も

甲州名物を食べた事がなかったりするのだ・・・。

うちの『みょうが』ちゃんはプランター生活だが、直に植えると

猫の額の様なささやかな庭も『見事なみょうが畑』になるらしい。

いくら『みょうが』が大好きでも、手入れが悪くて草茫々でも

そこまでの愛情はまだ持ち合わせていないのだ。

いつか、思う存分『みょうがちゃん』が繁殖出来る広大な土地を

手に入れるまでは、絶滅させないようにしよう・・・(笑)。

と言っても、この子達はとてもしっかりものなので肥料もやらず

時々水をあげるだけの放置プレイ・・・。

秋に少しだけ苗として取り分けたのを植え替えるだけなんだけど。

実に私向きの植物だ・・・。

片付けられない女

  • 2006/08/06(日) 16:53:49

今日は仕事がお休みでした。日頃溜まった家事をやれば良いものを

『疲れてるしなぁ~』と言い訳してサボる・・と言う、いつもの

パターン。毎日『仕事してるからまぁイイか?』と手抜き三昧。

『いつ誰が掃除するんだろう?』と脳天気な私です・・・。

一つだけ言い訳をすれば、決して汚いのが好きな訳じゃなくて

掃除の行き届いた部屋は気持ちよく感じるし、居心地も良い。

でも、多少の汚れは見なかった事に出来るんだよなぁ。

思うに、そこの『許容範囲が他人より広い』だけ・・・(笑)。

まぁそういう事にしておこう・・・。

片付けられない女性の番組を見て『うちはまだ床が見える!』

と前向きな意見を述べると『普通はそんな見方はしないゾ!』

とツッコミが入るところをみると、やっぱ変・・・?。

少しは改心しないといけないなぁ・・・。

夏の思い出

  • 2006/08/05(土) 18:57:15

毎年、唸るようなセミの鳴き声を耳にする頃になると

小学生時代の夏休みの一コマが蘇って来る・・・。

場所は群馬県のとある田舎町。時間は夕方の4時か5時位・・・。

その地域では、夏休みになると子ども会の地区対抗の

バレーボール大会が開催されます。男女混合で学年もバラバラ

息が合う筈もなくて、大会自体は何一つ良い思い出がある訳では

ありません・・・。

でも、この大会の為の練習が今でも忘れられない光景なのです。

地域の集会所の庭に、臨時のバレーのコートが作られます。

夕方になると、やる気のある何人かの子供たちと『青年団』と言う

名の、少しオジサンぽい若者?達がどこからともなく現れます。

大人というとこの人達だけで、女の人は誰もいません。

今の時代なら、誰かしらのお母さんが付き添ってたりするのですが

何せ昔だし田舎だしで、少し変なメンバーです。

練習もちゃんとしてる訳ではなく、何となく大人と子供に分かれて

ボールを打ち合ってるだけ・・・。誰も指導などしてくれないので

上達しようがない・・・。子供達が休んでる間の『青年団』の

楽しそうな打ち合いややり取り・・・。きっと自分達のための

時間なんでしょう。

たま~に飛んでくるボールを、あさっての方向に打ち返しながらも

その時間がたまらなく楽しくて、ボールが見えなくなったらお開き。

楽しくて『もっとこのままでいたい』『まだ帰りたくない』と

思うのにどうにもならないもどかしさと夕暮れのせつなさ・・・。

大人になると『暗くなったらおしまい』なんていうキワどくて

楽しい時間もなくなり、『今夜のおかずはど~するんじゃ~!』

と台所でうなりながら息子に『そろそろ帰って来~い!』とメール。

『遊びたくても帰らないといけない・・・』

息子も、少しはそんな切ない気持ちを味わってるのだろうか?。

ゴーヤちゃん

  • 2006/08/04(金) 21:04:26

今夜はゴーヤを炒めて食べました。美味しかった。

豆腐を入れたゴーヤちゃんぷるぅも美味しいけど、もやしとしめじと

スライスして塩もみしたゴーヤを、ツナ缶の油ごと入れて炒めて

お醤油と酒で味付け。良~く炒めると苦味がマイルドになるみたい。

そんなゴーヤちゃんを『育ててしまおう!』と、去年挑戦した訳。

結果は惨敗・・・。

『フェンスに這わせよう!』と、近くの硬い地面をただ掘って

そのまま苗を植え込んだ、勿論NO肥料で・・・。

それでもそこそこ成長して15cm程の立派な?のが、3本程収穫

出来ました。ところが、その後は中途半端な成長が続き

実はいつまでも太らず、それどころか『怪しい生き物』の様な

鮮やかなオレンジ色で種の部分が真っ赤な、とても食べ物とは思え

ない『変な実のなる木』に育ったのでした・・・。

最後に、青々としたゴーヤちゃんの葉を刈り取りながら、

『収穫した3本をまとめて食べても、買ってきた1本の方が

たくさん量が食べられたかも・・・?』と少々空しいものが。

何より、ゴーヤちゃんが気の毒で・・・。手入れが行き届いて

肥料がタップリ入った畑に植えられたら、きっと大きな実を沢山

つけて『喜ばれる一生』だったに違いない・・・。

なのに私に選ばれてしまったせいで『変な実のなる木』に・・。

ごめんねゴーヤちゃん!!!。

と言うわけで、今年からはまた店で買って食べる事にしました。






デビューしたの?

  • 2006/08/03(木) 20:04:33

携帯電話で初めてメルアドを登録した時の事を思い出したゾ...。

取説を読みながら『何々?アドレスNOを入力しろ!』

『そっ!そんな急に言われても...?』

『え~っつ!』

という訳で、何のヒネリもないメルアドを取得する運びと

なりました...。そして昨日ここにデビューするに当って

またまた『え~っつ!』になりました。

息子にせかされるわ焦って思いつかないわで

ぷちパニック状態の私に

『ムーミンをもじってぶぅみんでいいじゃん!』

と天の声?が...。そうです、またやっちゃったみたいです。

『ぶぅみん』に早く慣れるように努力しなきゃ!。

メールを始めたばかりの頃は、何気なく口語調で打って

相手を誤解させて怒らせたり失敗も多かったけど、

この頃やっと慣れてきたところで、またまたこんな事始めちゃって

どうなんだろうねぇ...?。

そぅ、今の気持ちを例えるなら『新しい彼氏が出来たみたい』って

感じかな?『また最初から手順を踏んで行く...』。

この彼氏はいつまで付き合ってくれるのだろう...(笑)。

こんにちわぁw

  • 2006/08/02(水) 22:14:30

こんにちは、はじめましてのぶうみんです。

息子に怒られつつ、何とか設定をしてもらって

この画面にやっとのことでこぎつけました。

間違いなく私一人ではこの場にデビューする事はなかったと思います。

しか~し、怖い先生にはしばらくお世話にならないといけないので、

当分は『やさしいお母さん』にならねば...。

今日のトコはここまで...。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。